スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の記録(岩手野田村〜秋田八幡平)

ゲストハウスをお休みして旅に行ってきました。

普段はヘルパーやお手伝いのスタッフはいないのですが、
今回は、友人夫妻に代理のオーナーをお願いして旅に出たのでした。

ゲストハウスの醍醐味。
それは旅行に行って安く泊まれることはもちろん、
他のゲストとの出会いやオーナーとの出会いも醍醐味のひとつです。
今回もオーナーさんに会うための宿めぐり、まさにそんな旅でした。


10/18(金)

ネットも電話もない宿、苫屋。予約は往復ハガキで取ります。

岩手県野田村。海沿いの村です。
前回行ったのは震災の二ヶ月前。ずーっと気になっていて、ようやく行くことができました。
野田村も津波の被害を受け、復興のまっただなか。

ご夫婦は10年くらい世界をバックパッカーしたあと、日本をキャンピングカーで二年放浪。
野田村にたどり着いて、住むとこないんなら宿をやらないか、と言われて始めたそうです。
もう21年になるそうです。
ここに行くにはクルマを使わないボクらにとってはかなり大変でした。最寄り駅から9キロ。
歩きながらヒッチを試みるも、そもそもクルマが通らない。通ってもスルーの連続。
6、7キロ歩いたところで拾ってもらうことができました。

苫屋は築150年を越える茅葺の民家で、囲炉裏でまきを焚きます。真冬でも暖はそれだけなので相当寒いです。
前回は囲炉裏の前から動けませんでした。今回は大丈夫だろうと思って行ったのですが、いやいや鎌倉の真冬なみ。
囲炉裏の前から動けず…これから行かれる方、防寒はバッチリしてください!
囲炉裏を囲んでのごはんはむちゃおいしいし、携帯の電波も届きません。
昔ながらの暮らしを体感するにはもってこいです。時間に追われることなくのんびり行きたいときにはおすすめです。

あ、ちなみに冬季は休暇を取られるそうで、ハガキの返信がなかったら休暇中だと思ってね、とのことでした。
これから秋田は八幡平に向かいます。紅葉見れるかなー。

3802_520607084693376_1893085028_n.jpg 1383351_520606754693409_126565544_n.jpg

1392069_520607101360041_463188823_n.jpg 1379475_520607141360037_1765430682_n.jpg

1380742_520607128026705_27809341_n.jpg 1383470_520607168026701_1260263176_n.jpg



10/19(土)
秋田は八幡平(はちまんたい)。登山者には有名な山です。
でもここに向かったのは、登山のためではなく、どうしても行きたい宿があったから。
「ゆきの小舎」です、ゆきのこや。ゆきさんとそのだんなさんがされているのですが、ゆきさんは70を超えているにもかかわらず、ハツラツとしていて、テキパキと動き、肌もつやっつや。70どころか、50と言われてもうなずけます。だんなさんはゆきさんの11コ下。親近感わきます。

相方が10年前に初めて訪れてからのお付き合いで、ボクは二回目。

ゆきさん、なんと末期ガンを自分で治してしまいました。現代医療とか経済システムとか、既成概念にとらわれることなく自分の信念を生活にとりこんでいます。
玄米菜食なのですが、野菜は自然農法(無農薬ともちがいます)で作り、肉は口にしません。それでいて作るごはんがびっくりするくらいおいしいのです。残念ながらご高齢のために、この夏からは朝食のみとなってしまったのですが、夕食提供が終わる前にと言って訪れた方がたくさんいたそうです。相方も、毎日ゆきさんの料理を食べれるならベジになれる、と言うくらい。
また、皮膚がかぶれたり、体調が悪くなったら、断食をして体をきれいにして治すそうです。

ごはんだけではなく、その人柄もむっちゃステキで、全てを包み込むやさしさというかなんというか。
おおげさかもしれませんが、ボクが、マリア様みたいやな、とつぶやくと、相方は、うんそれに近いところにいると思う、と。けして上からモノを話すのではなく、かといって謙虚とも違う。年上ということを一切感じさせない、友達のような感覚。それを誰にでもできてしまうすごさ。ボクはまだ二回目ですが、相方いわく、知れば知るほどそのすごさがわかるそうで。

なんぼのもんやねん、という方、ぜひ行ってお会いになってみてください。よーくわかると思います。

さて、宿ですが、これまたど田舎どころか、ホンマに山の中にあります。周りに家はいっさいありません。クルマを使わないボクらにはやはりキツかった…

しかし、この地域には、これでもか!といわんばかりにナイスな温泉がたくさん!しかも安い!きもちかったー
後生掛温泉には、なんとハコサウナがあります。表現悪いけど、カンオケみたいな箱型のサウナがあるんです。写真は取れないので、秋田のPRポスターで。
湯治村としても有名だそうで、全国からガンなどの病気になっている方が長期療養で訪れるそうです。

それでも温泉も登山もオマケ。ゆきの小舎にぜひ行ってみてください。

そのオマケの山にも行ったのですが気温4度。紅葉はもちろんながら、こないだ雪も降ったそうで、まだ残っていました。おーさぶいさぶい。

ガンが治った経緯についてはゆきの小舎のウェブで。
http://www.ne.jp/asahi/is/ys/

これで当分は旅はお休み。ゆきさんには次いつ会えるかなー。


1378225_521333461287405_1931812432_n.jpg 1381761_521333604620724_122508971_n.jpg

1379985_521334681287283_2018735412_n.jpg 1385991_521334814620603_1700717265_n.jpg

1002846_521334934620591_695678844_n.jpg


最後に。

不在のあいだ、耳日でオーナーをしてくれたたまちゃんなっちゃん、ありがとう。

ボクらに会いに泊まりにきてくれたわらびぃさま。
オーナーに会いにいくのがゲストハウスの醍醐味と言いながら不在でごめんなさい。

でもひとつだけ言わせていただくと、ボクたちが代理のオーナーをお願いしているのは、
耳日の雰囲気にマッチしていて、かつ、人が好きで、ホスピタリティあふれる方です。

間違いなく楽しめると、自信を持って言えます。

なので、ボクたちがいなくても、いつもと少し違う耳日を楽しんでいただければと思います。

いよいよ寒くなってきました。耳日にもおこたにストーブ出さないと。
お越しをお待ちしております。
スポンサーサイト
プロフィール

miminichi

Author:miminichi
湘南は鎌倉にあるゲストハウスです。材木座という静かで落ち着いた、海のすぐそばにあります。2012年夏にオープン。
miminichi.gh□gmail.com
(□を@にしてください)
鎌倉市材木座5-11-23

ホームページ:http://miminichi.com
地図はコチラmap

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。