スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごはんのじかん

ごはんのじかんって人にとってどういう意味があるのでしょうか。

先日、こんなお客様が宿泊されました。

「お話するつもりはなかったんですが、実はいま大学の卒業制作で、テーマをゲストハウスにしているんです」と。

そのきっかけは、三宅島(たしか)の宿に泊まったときに、宿がすたれていく一方である状況を目の当たりにしてなんでそうなったのか、なんとかできないのかという疑問からだったそうです。

ゲストハウスに興味があるのならと、那須のゲストハウスで開催される「ゲストハウスサミット」を紹介したところ、「行きたい!」とのこと。開催が翌日だったで、急遽バイトの予定もかえてサミットに参加されました。
わたしたちは参加できませんでしたが、とても参考になったそうです。

つい先日、その彼女からこんな連絡がありました。宿のご飯の時間にテーマをしぼったので、またごはん会に参加したい。

おぉーすごいテーマ。宿のごはんのじかん。

わたしたちは、ひととひとをつなげたいと思ってこのゲストハウスを始めました。

旅人どうしはもちろん、「旅人と地元住民」もつなげたいし、さらには「地元住民と地元住民」もつなげたい。

宿泊しなくても一品さえあれば会には参加可能にしています。

ひととひとがつながるには、食卓を一緒に囲むのがよい、という想いから持ち寄りごはんをしています。

ごはんのじかん。

核家族化や個食がすすみ、家族なのにごはんは各自でということも珍しくはない時代。

ごはんのじかんについて考えてみて、思うことがたくさんありました。

耳日はシェアハウスもしていて、宿営業のない日のごはんは個別ですが、
タイミングがあえば一緒に食べることも珍しくありません。

血のつながった家族ではないのにごはんは一緒のときもある。

シェアハウスは新しい家族の形だと思います。
共有するのはごはんのじかんだけでなく、持ち物も共有するし、
耳日は子供がいるので面倒をみてもらうこともあります。
大家族(昔)→核家族(いま)→新しい大家族(これから)
と変わっていけばいいなーなんて。

ゲストハウスも新しい家族の形だと思います。
初めましてなのに、ごはんを囲んだあとには、昔から知っているような親族の集まり感もあったり。
寝る前にはみんなパジャマで歯磨き。いかにも家族。

宿にかかわらず、「ごはんのじかん」ってなんなのか。
どういう意味を持つのか。

その彼女の卒業制作がきっかけでいろいろと考えることができました。

わたしたちのが役にたったかどうかはわかりませんが、卒業制作の完成が楽しみでなりません。
スポンサーサイト

朝ヨガ始めます

7月より毎週金曜日、朝ヨガをします。

■日時
7月以降の毎週金曜日、朝9時開場、9:15スタート
時間は1時間半、お茶付き
第一回は7/4(金)

■ヨガの内容
7月と8月は、アイヨガといって、視力向上のためのヨガをします。
インストラクターは、視力向上ヨガ協会認定シニアインストラクターのRicaさん。

■インストラクタープロフィール
体調不良をきっかけに始めたヨガで身体と心の変化に感動し、
「ヨガをシェアしたい!」とインストラクターになりました。
ポーズの完成度よりも楽しく無理せず笑ってヨガをする。
とにかく、楽しむこと。
終わった後にいい顔で笑ってもらえたら、めちゃくちゃハッピーです。

日本総合ヨガ普及協会認定指導師、視力向上ヨガインストラクター、
視力向上ヨガ協会認定シニアインストラクター、
山本ヨガ研究所講師、マタニティーヨガインストラクター、
ハンディキャップヨガ養成講座終了、
日本アーユルヴェーダ学会認定セルフケアアドバイザー

■参加費
1回 2,000円
この期間のみのお試し価格です!

■お問い合わせ
ゲストハウス耳日まで
miminichi.gh@gmail.com

上映会のご報告

耳日で初の自主上映会を実施しました。

上映したのは、自然分娩で有名な吉村医院を題材にしたドキュメンタリー映画「玄牝(げんぴん)」。

週末、平日、昼夜とさまざまな時間帯で4回上映し、
全部で73名もの方にお越しいただきました。
特に最終日の6/1には30名の方にお越しいただきました。

遠くは千葉や埼玉から2時間かけて来てくださった方がいたり、前泊してくださった方も。

第二部のシェア会では、皆様のお産に対する想いも聞くことができ、大変有意義な時間となりました。

また、「玄牝って自主上映しているところが全然なくて、待っていました」「企画してもらってありがとうございます」「来てよかった」という言葉も少なからずいただきました。

吉村医院の元助産師である内山さんにも、助産師ならではの熱のこもったお話をしていただきました。
(内山さんのお話に皆さんぐっとひきこまれていました笑)

そしてケーキ、お弁当を担当してくださった蒲谷さん、ありがとうございました。

皆様からは上映費用のカンパもしていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

お産=分娩台、ではなく、もっと色んなスタイルのお産があるということを知っていただきたくてこの上映会を企画しました。

これをきっかけに周りの方々に、こんなお産があるということを伝えていただければ嬉しく思います。
プロフィール

miminichi

Author:miminichi
湘南は鎌倉にあるゲストハウスです。材木座という静かで落ち着いた、海のすぐそばにあります。2012年夏にオープン。
miminichi.gh□gmail.com
(□を@にしてください)
鎌倉市材木座5-11-23

ホームページ:http://miminichi.com
地図はコチラmap

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。