スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごはんのじかん

ごはんのじかんって人にとってどういう意味があるのでしょうか。

先日、こんなお客様が宿泊されました。

「お話するつもりはなかったんですが、実はいま大学の卒業制作で、テーマをゲストハウスにしているんです」と。

そのきっかけは、三宅島(たしか)の宿に泊まったときに、宿がすたれていく一方である状況を目の当たりにしてなんでそうなったのか、なんとかできないのかという疑問からだったそうです。

ゲストハウスに興味があるのならと、那須のゲストハウスで開催される「ゲストハウスサミット」を紹介したところ、「行きたい!」とのこと。開催が翌日だったで、急遽バイトの予定もかえてサミットに参加されました。
わたしたちは参加できませんでしたが、とても参考になったそうです。

つい先日、その彼女からこんな連絡がありました。宿のご飯の時間にテーマをしぼったので、またごはん会に参加したい。

おぉーすごいテーマ。宿のごはんのじかん。

わたしたちは、ひととひとをつなげたいと思ってこのゲストハウスを始めました。

旅人どうしはもちろん、「旅人と地元住民」もつなげたいし、さらには「地元住民と地元住民」もつなげたい。

宿泊しなくても一品さえあれば会には参加可能にしています。

ひととひとがつながるには、食卓を一緒に囲むのがよい、という想いから持ち寄りごはんをしています。

ごはんのじかん。

核家族化や個食がすすみ、家族なのにごはんは各自でということも珍しくはない時代。

ごはんのじかんについて考えてみて、思うことがたくさんありました。

耳日はシェアハウスもしていて、宿営業のない日のごはんは個別ですが、
タイミングがあえば一緒に食べることも珍しくありません。

血のつながった家族ではないのにごはんは一緒のときもある。

シェアハウスは新しい家族の形だと思います。
共有するのはごはんのじかんだけでなく、持ち物も共有するし、
耳日は子供がいるので面倒をみてもらうこともあります。
大家族(昔)→核家族(いま)→新しい大家族(これから)
と変わっていけばいいなーなんて。

ゲストハウスも新しい家族の形だと思います。
初めましてなのに、ごはんを囲んだあとには、昔から知っているような親族の集まり感もあったり。
寝る前にはみんなパジャマで歯磨き。いかにも家族。

宿にかかわらず、「ごはんのじかん」ってなんなのか。
どういう意味を持つのか。

その彼女の卒業制作がきっかけでいろいろと考えることができました。

わたしたちのが役にたったかどうかはわかりませんが、卒業制作の完成が楽しみでなりません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

miminichi

Author:miminichi
湘南は鎌倉にあるゲストハウスです。材木座という静かで落ち着いた、海のすぐそばにあります。2012年夏にオープン。
miminichi.gh□gmail.com
(□を@にしてください)
鎌倉市材木座5-11-23

ホームページ:http://miminichi.com
地図はコチラmap

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。